本日の給食

 

ICT活用教育推進室

ICT活用教育推進室
 

学校情報

日野市立日野第四学校
〒191-0065
日野市旭が丘2丁目42番地
TEL:042-583-3905
FAX:042-583-3915
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
QRコード
 

カウンタ

COUNTER158677

検索

過去認定状況

学校情報化優良校

(2016年4月から2018年3月まで)
 

たいさんぼく

四中ブログ
12345
2019/10/21

泰花祭合唱の部 縦割りリハーサル

| by:webadmin
10月21日午後、合唱の部の縦割り練習が行われました。この練習は、普段は各学級単独で練習をしているのに対し、1年~3年の兄弟学級3クラスが合同で練習をする形式をとっています。





それぞれの縦割り学級が工夫を凝らして練習を組み立てます。お互いの学年の合唱を聞き合います。誰もが真剣に練習にのぞんでいます。





各学級の合唱が終わった後は、上級生からアドバイスが下級生へ送られます。そのアドバイスを受けて、もう一度、合唱を行います。







泰花祭合唱の部本番まで、今日を含めて3日間。今日の縦割り練習で、四中生の気合も一段UPした印象を受けます。寒暖の差が激しく、体調を崩しやすい時期です。ぜひ、本番に向けて体調管理に気を付けていきましょう。
14:01
2019/10/21

ガーデニングサークル

| by:webadmin
台風19号の影響を受け、日野四中の体育館前の花壇も被害を受けました。10月20日、日曜日に、日野四中ガーデニングサークルの人たちが、花壇の整備をしてくれました。



ハロウィンが近づき、花壇の中にもハロウィンに関する飾りつけがされています。



普段、何気なく通り過ぎることも多いですが、ちょっと花壇にも目を向けてください。
12:53
2019/10/20

泰花祭合唱の部リハーサル

| by:webadmin
10月17日・18日にわたり、25日に実施される泰花祭合唱の部に向けて、各学年のリハーサルが行われました。



最初は、自分の座席から入場~退場までの動きを確認します。



当日、審査を担当する生徒も、本番と同じように審査を行います。学年の実行委委員から様々な連絡をした後、合唱が始まりました。

最初は、課題曲の全員合唱です。2年生の課題曲は「予感」です。



今回のリハーサルでは、各学級が「自由曲」を披露しました。このリハーサルを受けて、各学級、最後の一週間の練習にあらためて力が入ります。
本番は、1回きりの合唱です。どのクラスも、仲間を信じ思いを込めて、素晴らしい合唱を響かせてください。
11:39
2019/09/25

給食試食会

| by:webadmin
9月26日(水)約60名の保護者の方の参加をいただき、給食試食会が開かれました。
これは、実際に生徒の皆さんが食べている給食を実際に食べてもらうこと、日野四中の給食が、どのようなコンセプトで作られているのかを知ってもらうために実施しています。

普段、実際に使用されている調味料や、本日の給食で使用された日野産農産物が展示されています。

「望ましい食習慣」「日野産農作物について」「調理員さんのおすすめレシピ」などが紹介された模造紙が掲示されています。

本日のメニューはミルクパン・ニョッキ・メンチカツ・梨です。

まずは給食の試食です。食堂には、いつもと同じように放送委員会が運営するお昼の放送が流れ、和やかな雰囲気の時間が過ぎました。

続いて、実際に調理を担当している調理さんの紹介、栄養士による日野四中の給食についての説明を行いました。

今日の調理の様子です。スープはだしを取るところから、メンチカツにかけるソースまで、全て素材にこだわり、手作りで提供されます。加工されている物やレトルト等は一切使用されていません。

最後に、学校に野菜を提供してくれている平山農家を代表し、籏野さんから話を聞きました。地場産野菜にかける思いを語ってくれました。

様々な人の思いや手間、願いが込められ提供されている給食。感謝を込めて「いただきます!」
14:39
2019/09/24

車いす・アイマスク体験

| by:webadmin
9月24日(火)1年生では、総合的な学習の時間に取り組んでいる「福祉」の学習の一環として、「車いす・アイマスク体験」を実施しました。
本来は、校外で実際の路上で実施をする予定でしたが、天候の関係で校内での体験となりました。



車いす体験では、二人でペアを組み、交互に役割を変えて実施しました。実際に校内を車いすで移動すると、様々な段差があり、移動が困難であることを実感することができました。

また、車いすを押す人が、乗っている方が怖がらないように、声をかけながら介助する大切さを学ぶことができました。

アイマスク体験でも、二人でペアを組み、役割を変えながら体験しました。

普段は駆けあがることもことも多い階段ですが、見えない状態での階段は、大変怖く感じました。



教室では、アイマスクをしたまま椅子に座り、字を書くことにも挑戦しました。
今回の体験を通して実際に手助けが必要な方々に対し、自分たちに何ができるか、どう関わることができるかを学ぶことができました。
14:29
12345